ThinkLog

僕達が出したセレクションは 曖昧なOver pains day

ブルータス、お前も(変態だったの)か!!!

平凡BRUTUSの感想です。


BRUTUS(ブルータス) 2017年 3/1号[平凡ブルータス]

BRUTUS(ブルータス) 2017年 3/1号[平凡ブルータス]


「もしBRUTUSがアイドル雑誌を作ったらどうなるのか?」をテーマに作られた今号、とんでもなく、変態的であった(最上級に褒めてる)


BRUTUSの出版元であるマガジンハウスがかつて出していた、昭和を代表するアイドル雑誌、平凡。それを踏襲しつつ今回表紙を飾るのが「平成」の名を冠したHey! Say! JUMP、という時点でウィットは充分効いているのだが、各グループのコーナーそれぞれが「平凡のテイスト」「BRUTUSのテイスト」が絶妙にミックスされた、非常に読み応えある変態的な(褒めてる)一冊になっていた。
「平凡のテイスト」は、現行のアイドル雑誌でいうところのMyojoに垣間見えるような、古き良きユーモア溢れるパワフルな企画力であると思う。そして、「BRUTUSのテイスト」は、物の良し悪しを見分けられる目の肥えた大人目線の文章である。
つまり、良いセンスを持った大人が突飛なアイデア力をもってアイドルに挑んだ結果、他のアイドル雑誌ではなかなかお目にかかれないようなレベルの高い変態的記事が仕上がったのである。


数ある企画の中で私が最も感服したのは、何と言っても佐藤勝利スーパードルフィーの邂逅である。思わず私の中の安田龍彦が「こんなのアリかよぉー!!」と叫び出すほど、全くハイセンスすぎる組み合わせである。マジかよ…。
何より悔しいのが、今まで思いつきもしなかった組み合わせなのに、いざ並ぶと同じ世界から呼び出されてきたのかというくらい違和感がないこと。この組み合わせを想像できなかった自分が何より悔しいし、そこをマッチングさせた上に鮮やかな手つきで愛でてゆく平凡BRUTUSがまた何とも変態的なのである。


これ以上迂闊に内容について触れるとネタバレになってしまいそうなのでこのあたりに留めておく。既にネタバレしてしまっているかもしれない、いや、でも実際の誌面の魅力は私の文章程度ではせいぜい1%ほどしか伝わっていないと思うので、これからでも良いからぜひ書店で実物を手に取って読んでみて欲しい。気付けば会計を済ませているはずだ。


君はこの変態の所業達を目撃したか。

【ネタバレ】 #破門 劇中の日時考察

※この記事は映画「破門 ふたりのヤクビョーガミ」のネタバレを含みます。
是非、映画本編を鑑賞後にお読みください。

未鑑賞である場合は 【ネタバレなし】映画「 #破門 ふたりのヤクビョーガミ」を見てほしい - ThinkLog をご覧ください。

前回:2017/1/30鑑賞分【ネタバレ】 #破門 感想 【2巡目】 - ThinkLog
今回:2017/2/3鑑賞分


劇中の日付および時刻の一覧


場数、場面名は月刊シナリオ3月号掲載の破門の台本より。
青字部分は外景や衣装変更による推測で埋めたもので、描かれてない日があり日付が前後する可能性もある。

9/15(火) (2場〜6場)

11:07 二宮企画・事務所、二宮が毛布にくるまって震えている
  • チェックポイント 日付→月めくりカレンダー(事務机の下手壁?に貼ってある)、日めくりカレンダー(二宮が座るソファの背後の柱に貼ってある)、時刻→各時計(事務机の上手側の棚に置いてある数字表示の時計が一番確認しやすい、他にも事務机の背後の壁にある壁掛け時計、二宮の背後の目覚まし時計2個)


とにかく二宮企画の事務所は日時が確認しやすい。事務机の上手にある時計は最初カレンダーかと思った。日めくりカレンダーがあることに今回気づいた。
調べたところ、事務机の上手側の棚にある時計はフリップクロックという種類のものらしい。

時刻不明(昼?) フィルム&ウェーブ事務所〜エレベーター
  • チェックポイント 事務所内での時刻は不明(要確認)、ただしエレベーター内に「エレベーター点検のお知らせ 10月15日(木)」とある。10月15日が木曜日となるのは近いところだと2015年か2020年。現実的に考えれば2015年が舞台であると推測される。



個人的に小清水の後ろの事務机の上にマニキュア瓶が2本無造作に置いてあるのが気になる。玲美さんのだろうな…。

時刻不明(夜) 二宮の実家
  • チェックポイント なし

二宮の実家には時計が一切見当たらないため時刻を確認できなかった。置いてはあるが見つけきれていないだけかもしれない。二宮が門扉をくぐるカットの夕暮れ具合から、17時頃から遅くとも19時か。

9/18(金) (7場〜9場)

11:02 二宮企画・事務所、寝ている二宮に桑原が新聞を投げつける
  • チェックポイント 日めくりカレンダー、目覚まし時計、桑原の顔に寄った際に映り込む壁掛け時計

二宮企画の事務所に桑原が到着するのが11時ということは、桑原は朝一番でフィルム&ウェーブの事務所に行っていることになる。その時に事務所がもぬけの殻であったということは、17日の夜には小清水は撤退していた、ということか。


嶋田さんに映画の話をしたのが15日の夜であったことから、翌日16日の日中に出資の手続きをして、17日には通帳再発行、荷物の準備などの出国準備を行なっていたのだろうか。
後述のマカオのホテルの「4日前にチェックイン」も、18日に出国していたなら計算が合う。

時刻不明(昼) 茨木・小清水の家
  • チェックポイント なし

参考として、大阪市内から茨木市までの車での所要時間目安は約30分ほど。
車や徒歩で大阪市から茨木市への距離
昼食がてら向かったとしても、12時〜13時頃か。

9/19(土) (10場〜27場)

11:32〜11:33 二宮企画・事務所、携帯の着信音で二宮が目覚める
  • チェックポイント フリップクロック

日めくりカレンダーの映り込みは確認不足、しかし台詞内で二宮が小清水の家に行ったことを「昨日のこと」と言っているため、翌日であると判明。

時刻不明(夕方) 二宮企画・ビル前、ビルから出てきた二宮を桑原がクラクションで呼び止める
  • チェックポイント なし

電話から間を置いていないのかと思ったが、次シーン(夜)との繋がりから夕方であると考えられる。台本にも夕方との記述あり。

時刻不明(夜) バーにて桑原と二宮が食事、桑原がカラオケ
  • チェックポイント なし

マル暴の中川が来店し桑原と二宮が店を出たカットで空が暗かったことから夕食であった模様。二宮はドライバーのため飲酒していない。

21:22 玲美の家
  • チェックポイント ダイニングテーブルに4人がついた際の桑原の奥の壁掛け時計

9/20(日) (28場〜29場)

12:05 二宮企画・事務所、二宮が悠紀に状況説明
  • チェックポイント 日めくりカレンダー、フリップクロック、目覚まし時計
時刻不明 スナック街、悠紀と二宮が聞き込みをしている
  • チェックポイント なし

台詞なしBGMオンリーのシーン。夜から始まり一度昼になってからもう一度夜になっているため9/20〜9/21の丸一日と推測したが、2日以上かかっている場合、二宮・桑原の出国からあべのハルカスでの取り引きの日付が繰り下がる。

9/21(月) (29場〜32場)

時刻不明(夜) 病院の屋上/飲食店街、桑原と二宮の電話
  • チェックポイント なし

病院および飲食店街の景色から夜であることは確定。病院の消灯時間は21時、面会時間は20時とされることが多いことから、二宮の電話に出る前に桑原が嶋田さんと話していたところからも20時以前と推測。

時刻不明(夜) 二宮の実家、二宮が母から現金を受け取る
  • チェックポイント なし

泊まっていくかという母の提案にもう出なきゃと二宮が答えたことから、出国は翌日か。

9/22(火) (33場〜46場)

時刻不明(朝) 関西国際空港・チェックインカウンター
  • チェックポイント なし

空港のシーンなのでどこかに時計の映り込みがありそう。要確認。

時刻不明(昼) ホテル(マカオ)・小清水の部屋
  • チェックポイント なし

ホテル室内に時計はなし。
自動カーテンが閉まる際の窓からの景色は日中。
関西国際空港からマカオへの所要時間目安は約5時間。ちなみに現在関西国際空港からマカオへの直行便はエコノミーとビジネスのみでファーストクラスは存在しない(直行便は1日1便マカオ航空のみ)。ビジネスクラスでも片道2人分18万円ほど。

時刻不明(夜) ホテル(マカオ)・小清水の部屋〜タクシー
  • チェックポイント なし

タクシーのカットから夜であることは分かる。

時刻不明(夜) 関西国際空港、玲美が小清水に別れを告げる
  • チェックポイント なし

別れの直前に電光掲示板が映るため、そこでの表示からおおまかな時刻を推測できそう。台本には夜との表記あり。

9/23(水) (47場〜56場)

時刻不明(朝) 玲美の家の前、中川が滝沢組の連中を追い出す
  • チェックポイント なし

外の景色から明けて朝であると推測。

10:15頃 大同銀行・ロビー、二宮が金を引き出そうとするも、小清水逃亡
  • チェックポイント フロア内のアナログ時計

この時点で10時ということは、金庫を開ける時間等もあるとして玲美の家に行ったのは〜9時あたりか。

14:40頃(20:10頃?) 二蝶会・事務所、桑原と嶋田さんの会話
  • チェックポイント アナログ時計

アナログ時計が遠目に映るのみなため、長針と短針を読み違えた可能性もある。

9/24(木) (57場〜59場)

時刻不明(朝〜昼) 滝沢組前〜応接室
  • チェックポイント なし

時計カレンダーなど未確認。桑原、二宮の衣装が変わったことから翌日か。台本にも日替りと書いてあった。

18:05→18:48 セツオの部屋、セツオと二宮、木下、小清水の会話
  • チェックポイント 部屋の目覚まし時計

シーン冒頭は18:05であったのが、シーン終盤には18:48に異様に進んでいる謎。

9/25(金) (60場〜68場)

7:14 セツオの部屋、セツオが慌てる中、二宮が寝ている
  • チェックポイント 二宮の頭付近の目覚まし時計
15:00 あべのハルカス・展望台、取引現場
  • チェックポイント なし

滝沢組での交渉通り。

9/29(火) (69場〜80場)

時刻不明(昼?) ふぐ割烹・店内
  • チェックポイント なし

店内に時計はなし。桑原の「これ食うたら〜」という台詞から、以下滝沢組との乱闘まで同日と考えられる。

時刻不明(昼) 今治・小清水の部屋
  • チェックポイント なし

通帳再発行の期間から、この時点で出国から7〜10日経過していることになる。

時刻不明(昼) ○○銀行・窓口
  • チェックポイント 用紙記入用机上の「きょうは29日です」の表示

時計は確認できなかった。
この後の桑原らと初見らの乱闘後に、台本上は夜に二宮が内藤病院に桑原、木下、セツオを運び込むシーンがある。カットされた模様。

日付不明 (81場〜82場)

時刻不明(昼) 二蝶会事務所、桑原と嶋田さんの会話、セツオの武勇伝
  • チェックポイント なし

前回の二蝶会事務所のシーンで映っていた時計は確認できなかった。桑原の顔面の傷の治り具合から、9/29から数日は経過していると考えられる。

10/8(木) (84場〜91場)

14:32 二宮企画・事務所、二宮を悠紀が起こす
  • チェックポイント 目覚まし時計、フリップクロック、月めくりカレンダー、日めくりカレンダー

月めくりカレンダーが10月になっていることに注目。日めくりも確認することができる。

15:48 カラオケルーム、桑原が1人カラオケをしている
  • チェックポイント 桑原のスマホ画面上の時計

小清水のネット記事を二宮に見せる際に右上の時計も映り込む。




以上!
もっとよく見たら時計とか映ってるかもしれない。

【ネタバレ】 #破門 感想 【2巡目】

※この記事は映画「破門 ふたりのヤクビョーガミ」のネタバレを含みます。
是非、映画本編を鑑賞後にお読みください。

未鑑賞である場合は 【ネタバレなし】映画「 #破門 ふたりのヤクビョーガミ」を見てほしい - ThinkLog をご覧ください。

前回:2017/1/28鑑賞分【ネタバレ】君は「 #破門 ふたりのヤクビョーガミ」を観たか? - ThinkLog
今回:2017/1/30鑑賞分



序盤の二宮と悠紀のシーン(今年上半期の収入〜、のところ)、2人がお互いを思ってる台詞ほど空リプ状態なのほんと好き。端から見たら絶対その相手のこと意識してるのに!って思っちゃうのに当の相手には刺さってる気配はない。

桑原さんが悠紀ちゃんを見て「気の強い女がタイプ」と言っているんだけども、そう言いつつ奥様は控えめな雰囲気というところが気になる。というかここのこの発言からの奥様がいらっしゃるというカミングアウトで、奥様像を誤解させる種にしてるのかもしれない。
そうだとしても桑原の好みの女性像、というか奥様像が気になりすぎる…


小清水の事務所のシーン。

最初小清水は玲美さんを娘と紹介しているけども、冷静に考えてたとえ連れ子といえど娘にウルトラタイトミニスカート履かせないと思うんですよね。ガチで娘だったとしてもそれは不健全な関係がデキてません??
というかこんな見えっ見えな嘘でも桑原さんに言われるまで気付かない二宮、そういうところが桑原さんにとって「ヤクビョーガミ」なんだなと思った。


各映画誌などで横山くんが話題にしてた「寝起きに魚肉ソーセージ」のシーンも確認。
二宮企画の事務所の時計の多さがすごい。確認できたのが事務机の上に大きめの壁掛け1つ、二宮が寝ているソファの背後に目覚まし2つ。もしかするともっとあるのかもしれない。それでも現状は悠紀が起こしているあたり、目覚まし2つはほとんど役に立ってないと考えられる。あと他の方のツイートで気付いたがカレンダーも多いらしい。要確認。


桑原さんに連れていかれたお店で二宮がスパゲティ1本ずつすすってるの気になる。何か意味があるのかな。読み取り不足。
桑原さんのカラオケシーンは本当にご褒美映像でしかない。ご馳走様です。どんなお店に入ったらこんな男前ヤクザがカラオケしてんの……
それに対し、このシーンで登場するマル暴のおじさん。警察なのにガラ悪いしネーチャン連れてるし……上品()なヤクザの桑原さんと対照的な人物として描かれている。


玲美さんのマンションのシーン。
平凡なマンションの一室と強面のヤクザが雰囲気合わなさ過ぎて異質な雰囲気を醸し出していた。
一室の中での乱闘シーンで、ゴミ袋が破れて中身が出ているところでゴミの中にたこ焼きの舟があったのには笑った。大阪だから!?


乱闘後に病院で手当てをされていたところ、腹を縫われてるカットはアラフィフの半裸を舐めるように見ました。見ません!?やばくないすか!?いやマジでアラフィフのエロスやばいですよ……あまりの興奮でこっちの傷口が開きそう。いや傷口ないですけど。


さて二宮企画での二宮と悠紀のシーン。
組とお金の関係を何か紙とペットボトルなどで図解?した痕跡があるのが気になる。解説してたならそこも見たかった…尺の問題か……一瞬しか映らなかったのがもったいない。
その後悠紀が二宮に「もう知らん!」って言うのにその後の聞き込みにはなんやかんやでついてきてるのが可愛い。カメラワークで途中から「やっぱついてきてるんじゃん!」ってなるのがまた良し。
きっとこんな流れ何度も繰り返してきてるんだろうなぁ〜!それでもずっと今までついてきてるんだろうなぁ。そんな結局二宮をほっとけない悠紀ちゃんってすごい幼馴染み力高いなって。あと二宮の天然人たらし力も高い。
あとこの聞き込み、夜から始めて途中衣装が変わったあたり2〜3日行っている模様。悠紀ちゃんついてきてるってより、悠紀ちゃん先導で二宮がついてきてるように見えるのが好きだなぁ〜。


二宮の実家のシーン。
ご飯を食べてる二宮を見つめる二宮の母が愛に溢れていて好き。あの1カットで、母親は何より息子のこと愛してるんだなぁ〜って分かるもんなぁ。まぁ金の無心に来てるんですけど…。
でもその後二宮が使った箸でおかずつまんでるのはマジ羨ましさ1000%。う、羨ましい…………。
その後二宮が自分のことを「親不孝を3Dプリンタで打ち出したようなヤツ」って言いますけどそれにしては造形が美しすぎません???「親不孝を出してください」っていう発注に対して3D技師が本気出しすぎてない???


空港のシーン。
桑原さんは留袖を仕立て直したシャツを着ていらっしゃるんですけど、それもしかしなくとも奥様のですよね…???ここもまた妄想広がるポイント……。

その後マカオのホテルの廊下での、二宮の「欲は深いんですぅ」が私のお気に入り台詞。これぞ二宮を象徴する台詞だなぁって。言い方含めて。


帰国後玲美さんのお部屋の前にいて、中のヤクザを追い払ってたのがあのマル暴のおじさんだったのか。


セツオくんの部屋に二宮が泊まるシーン、セツオくんの部屋にきちんとPCだけでなくプリンタにDVD-Rの筒など、周辺機器が充実してた。本部での作業時にもPCをいじっていたあたりPCデジタル関連のお仕事をしているのだろうか?


あべのハルカスでの取引時、後にいざと言う時は殴って奪うとは言っているものの、桑原さんにしては結構抑えてません?すごい成長?を感じた……


そしてやっぱり1番いいところで二宮がBMWで桑原とケン、セツオを助けに来るシーンが良い。やっぱり二宮の1番男らしい、かっこいい決めどころだし。
車でドカーンと防波ブロック?を蹴散らすのも、すごい定番なんですけどそれがいいんですよ!仮面ライダーバイクで走ると背後で火薬ドーンドーンなるくらい定番なんですけどもね!!!その定番さが好きなの。