読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ThinkLog

僕達が出したセレクションは 曖昧なOver pains day

“アイドル”って、なんだ? 〜メトロックとMeseMoa.を経て〜

関ジャニ∞、メトロック、お疲れ様でした。
私は留守番組……というか、当日は終日バイトだったのですが、Twitterでいろいろな方々の好意的な感想を見ることができたので良かったです。

ま、それだけだったらわざわざブログの方に書かないんですけど。

普段アイドルに触れない人たちに関ジャニ∞が評価されていく様子は、非常に愉快でした。直前までジャニーズがフェスに出るのかよ、っていう空気があったので。
でも、「もはやアイドルじゃない」「これでジャニーズなんてもったいない」っていう感想を目にして、複雑な気持ちになったんですよね。
きっと関ジャニ∞のパフォーマンスに衝撃を受けて、褒めたい気持ちでそう表現しているのだとは思う。しかし、いちアイドルオタクとしてはどうも素直に喜べない。

「ジャニーズなんてもったいない」という表現には、どうにもジャニーズやアイドルに対する過小評価、ナメられてる感じがしてならないんです。
“アイドル”の音楽は中途半端で子供騙しのまやかしだって、思われていないか?こんな言い方はさすがに卑屈すぎているか。
ナメられている、というか、久々に“趣味マウンティング”を感じた。どんなものが好きか、どんな友達がいるかで格付けされるあの感覚……しばらく忘れたつもりでいたけれど。
ジャニオタ界隈にいても趣味マウンティングは感じますけどね。担当歴長い短いとか先輩G担が後輩G担に先輩風吹かせる…とか。
邦ロック界隈の方々の関ジャニ∞の感想を見ていると、やっぱり普段、無意識的にジャニーズアイドルの音楽を自界隈より下に見てるんだな〜と感じられる文面が散見されました。向こうも向こうで洋楽界隈に下に見られたりいろいろ大変らしいけども。その辺りは詳しくありませんけども。
音楽の良し悪しの感覚は人それぞれだし、私も音楽についての専門的知識もないのでそういう風潮について是非を意見できないけども、なかなか興味深いな〜とは思います。そりゃ内心ムッとはしますけど、結局人によってイチバンは違うし…。

しかし私がアイドルとして日々崇め奉っている関ジャニ∞を「アイドルじゃない」と評するのは面白い。
確かに私も関ジャニ∞を知ってすぐの頃は、バラエティ番組で粉だの水だの全身に浴びてる彼らの姿を見ては、「これ本当にジャニーズなの!?」と驚いたものでした。でもそれは、当時の私にも、ジャニーズアイドルに対する偏見があったからなんだろうな。
じゃあアイドルってなんだ?顔がかっこよければアイドルなのか?って言いたくなるけど、それならイケメン俳優とか2.5次元俳優とかは何でアイドルじゃないの?ってなるし。
歌って踊ればアイドルか?歌って踊れるアイドルじゃない人もいるしなぁ。

私の中で「アイドルって何だ?」と考えるきっかけの一つが先日ブログに書いたMeseMoa.を見たこと。
takamuramagan.hatenablog.com
彼らは「アイドル気取り」を自称していたけれど、いやいや私から見たら全然アイドルだぜ!?と驚いた。
「アイドルじゃない」と評されるグループと「アイドル気取り」を自称するグループをほぼ同タイミングで見て、私の中の“アイドル観”がとてもぐらぐらしている。


アイドルって何なんだろうって考えていくと、私だってなんでバカ高い金使ってわざわざアイドル見に行ってるんだろう〜〜というところまで考えてしまうけども、そこだけは「頑張ってる楽しそうな男の子たちを見たいから」でぶれることはない。
そうだ。少なくとも私は、頑張ってて、とにかく楽しそうな男の子たち集団を見ていたいんだ。それを突き詰めた結果、男性アイドルグループだったんだ。
オタクとしての私の遍歴を顧みても、好きなアイドルは「頑張ってる」「楽しそう」という条件をクリアしていたし、アイドルでなくてもその2つの条件をクリアしているものは好きだった。TEAM NACSと水曜どうでしょうはアイドルじゃないけどずっと好きなのも、この条件をクリアしているからだ。
逆にどんなに顔が好きで楽曲が好きなアイドルでも、どちらかをクリアしていなければ、そこに定着することはなかった(ビジネス仲良し・ビジネスホモについては話長くなるんでちょっと今は言及しないでおきますね…)。
「頑張ってる」と「楽しそう」を両立させるには、なぁなぁな馴れ合いもまた違うと思います。
「楽しそう」を実現するためには、演者が本気でパフォーマンスを楽しんでいるかというのも表れるのではないか、というのはMeseMoa.が教えてくれたこと。

せっかくアイドルグループであるなら、仲良くしてくれたらなーと思います。個人的なエゴですけど。
世間的な“アイドル”の条件としてこの二つはないかもしれない、あっても重きは置かれていないかもしれないけれど、私はこの2つが叶う男の子集団は全部アイドルだと解釈してしまう。たとえ2年に1度しか歌って踊らなくても。
それでその上本気で頑張ってもらえれば、メトロックでの関ジャニ∞のように、新たなる活路を開拓できるかもしれないし。

男だって女だってアイドル戦国時代だし、いまやジャニーズ一強時代でもない。歌って踊って演技も何でもできるマルチアーティストも増えてきていて、LDH方面も日々勢力を強めているこの今、たとえジャニーズで事務所が強くても、ネット展開できない現代特有のデメリットを考慮すると、採用する側にだってジャニーズアイドル以外の同等な選択肢は山ほどある。若い客を呼びたくてもわざわざアイドルを置かなくてもいい時代。その中で生き残っていくとしたら、世間的な“アイドル”イメージままの薄っぺらさでは到底太刀打ちできないはず。でも実力でアイドル界を上り詰めても、「でも“アイドル”でしょ」って扱われる…うーん。
きっとこの色眼鏡が嫌いで、限りなくアイドルに近い業務をしていてもあえて肩書きに“アイドル”とつけないアーティストもいるはず。マーケティング上妥当な判断だと思う。でも同時にやっぱりアイドルオタクとして悲しいものもある。
まぁ私には「アイドルとアイドルオタクの地位を向上させたい!」みたいな大志はないので、アイドルの多様化時代に関ジャニ∞がどこまでロックを極められるか見守っていたい。

あと私はやっぱり関ジャニ∞にロックバンドだけを極めて欲しいわけではない。関ジャム 完全燃SHOW関ジャニ∞クロニクルも関ジャニ∞のジャニ勉も同時にできる関ジャニ∞であってほしいし、3つの個性あふれるグループレギュラー番組を持っているこの現状は非常に恵まれていると思う。どれか捨てても関ジャニ∞ではないとも考えてしまう。


余談ですけども、私が求めるアイドルの条件「楽しそう」を端的に表していて好きなのがこの動画。
portal.nifty.com
おじさんでも精神年齢小5のまんまな集団は本当に面白い。
フィクションでいうと前クールにテレビ東京でやっていたドラマ「バイプレーヤーズ」も、あれも広義のアイドルだと思います。じゃんけんでゴミ出し決めるところとか。
おじさんの本気じゃんけん、サイコーじゃないですか?
おじさんの本気じゃんけんといえばTEAM NACSの第15回公演「悪童」の劇中でもとある事を決めるためにじゃんけんをするシーンがあるのですが、すごく好きですね。
いくつになっても本気でムキになる人は見ていて面白いし、こちらも本気で感情移入できるんです。いや、向こうが本気じゃなきゃ、こっちだって本気になれない。

170512ログ

自分の思考を理解するためのエントリ。
中身はないよ。




なぜ私は関ジャニ∞がメトロックに出ることに気持ちが引っかかっているのか。
今の私の中の結論としては、存分に実力を発揮してきてほしい、というところ。
でもなぜ最初から素直に喜べないんだろう?

チケが既にSOLD OUTしていて自分が行けないから?でも発売中だったとしてもフェスなんて行かなくない?これは違う。
というのでまず浮かんだのが「そもそもエイト担はお呼びでない」というところか?何の為のアウェー現場だと言われれば納得せざるを得ないが、そこに至るまでにエイト担としてのアイデンティティの喪失を一旦味わうことになる。言わば「出禁現場」であるかのように過大解釈をした故の反射的な拒否反応か?
一度理性に落とし込めばアウェー戦をするためのフェス参戦という筋書きは比較的容易に飲み込めるが、遠回しに来るなと言われていると気付くのは感情的につらい。こういったメッセージの気付きではなく、何かしらの絶対的な参戦不可能性に阻まれた方が反発しなかったのか?→フェス参加の当日発表など

関ジャムによる邦ロック界へのある程度のプロモーションは済まされているとしても、邦ロック界隈に「ジャニーズ」に属することだけで下に見る層が存在することへの恐怖畏怖?これはやや後付けか。
ジャニオタは来んなツイが回ってくるようになって、その中でサンドバッグにされている「ジャニオタ」と自分があまりにも掛け離れていて、「ジャニオタ」という肩書きを仮にも持つ自分自身への自信を失ういつもの構図。ジャニオタ来るなっていうのは正常な反応だと思うが、その「仮想ジャニオタ」と私がエイト現場で見る自分自身を含めたリアルジャニオタとの誤差があまりにも大きすぎて、自分はジャニオタとしてこんな格好でスタンスで良いのだろうかと戸惑う。本来はその「仮想ジャニオタ」のような姿をしておくべきなのだろうか?現状の己のスタンスに自信が無いゆえにそちらの方が正典に見える。そんな仮想ジャニオタ現実にいねーよなんて指摘する元気も自信もない。

こういったフェスにおいてジャニオタなぞ招かれざる客であることは百も承知であるが、そこにエイトが出ることで私のようなオタクは不要なのかもしれない、彼らが望んでいるファン像から私はズレているのかもしれないと疑心暗鬼にもなった。やはり彼らのことが大好きで何よりも本命グループだから彼らが望むように私も振る舞いたい。そうなると声が掛かった時以外は身を潜めて黙って謙虚に無欲でいるのが吉か。
私自身がどうであれ外野から見れば私はジャニオタだ。無闇に駆けつければ先日の手塚プロ代表取締役の本音ツイートのように悪印象を与えてしまうケースもあるだろうし実際そのような可能性が懸念されるからこそフェスにおいて招かれざる客なのであろうし。そこにいなくても同じ肩書き共有してるなら連帯責任とされても致し方ないだろう。するなという方が難しい。それがレッテルだ。
四肢じゃ足りないくらい数々の沼に出入りしている節操なしオタクだけどジャニオタならジャニオタらしい格好しておくべきなのかもしれない。他所から見たら私などただの脳みそ足らずなジャニオタの小娘だ。ああ自担が望むオタク像に適わない自分が一番許せない。くだらない思考なんてさっさと潰して大人になって素直に応援すればいいのに。


ということで私にできることは関ジャニ∞に存分に頑張ってもらうだけである。それしかない。待つしかない。発表したんだからやらないなんてことはない。成功するように祈って待つしかない。

「アイドル気取り」からアイドルを学ぶ 〜 MeseMoa.を見てきました 〜

友人のご厚意でMeseMoa.(めせもあ。)さんのライブに行ってまいりました。

※以下、思い出に浸るうちに無意識にネタバレ要素を含んだ感想を書くかと思いますので、念のためネタバレ注意でお願いします。

私が今まで行ったことあるコンサート・ライブと言ったらジャニーズ(関ジャニ∞(本命)、Hey! Say! JUMP)とオフィスキュー(CUE DREAM JAM-BOREE)とこれまた知人に誘ってもらったV系ライブが数度…という感じ。
所謂キンブレをろくに扱えないタイプのオタク(カラオケパセラでDVD上映会をした時に無料貸出されたキンブレの点灯方法が分からずに店員を呼んだ過去を持つ)なので、光る棒2〜3本持ち当たり前なライブ自体初体験だったのです。


それまでめせもあさんは今回誘ってくれた友人がTwitterでRTしたりツイートしたりしている情報を見てなんとなくメンバーの名前は一通り見かけたことある、先日の写真集イベントのツイートを見ながら「あれ?めせもあのメンバーじゃねぇやつ(*ChocoLate Bomb!!という人たちらしい)いるな??」とか考えられる程度の知識しか持っておらず、楽曲に関してはオフ会した時に見せてもらったYouTubeの「新鮮!竜宮城RENBO」が可愛かったな〜〜くらい。
今回参戦するにあたってアルバム楽曲を一通り聞かせてもらったけども、いやそれでも「参戦」なんて言えるほどのモチベがあったのかどうかもあやふやなんですけども、まぁ興味はなくもないしせっかく誘ってもらったなら行ってみようかな〜〜くらいの軽い気持ちで参加したんですけども。

いや〜〜〜楽しかった。


私がアイドルに求めていた「かわいい!」「たのしい!」が濃縮されたものがここにはあって、すごく満足感がありました。

私が普段参戦するコン・ライブがドーム・アリーナ規模だからというのもあって、演者との距離が近いホールコンは物理的距離の近さによる興奮より、「こちらも見られているんだ」という緊張感の方を強く感じました。めせもあさんを初めて見に行く、コールも振りもろくに知らないド新規だからというのもひとつ、私自身が演者に認知されたくないオタクだからというのもまたひとつ。とにかく絶対に悪目立ちはしたくない、という謎の緊張感で終始身を固めておりました。いやコールも振りもろくに知らない時点で悪目立ちはほぼ確実だけどな???

現場に着いた時からファンのカラーの違いに色々とカルチャーショックを受け、とても興味深かったです。
まず当たり前に誰もうちわを持ってない。当たり前だ。生首もない。すごい。その時点で私には異世界に見えたし、すごく興味を惹かれる。うちわがないだけでこんなに景色が変わるのか…!!
あとファンの皆様にトンチキファッションとかコスプレ集団がいなかったのもびっくりしました。同行した友人には「いないことはない」と言われたけど、いや入場しても普通の格好の人しかいなくて、すごい、すごいぞこの空間…!?
私がカラーギャングの国(※関ジャニ∞界隈)から来たから余計に際立ってそう見えたのかもしれないですけど、すいませんコンではメンカラ(推し色)着ないと死ぬ国(※個人の解釈です)から来たんです…!!!メンカラつなぎとか衣装コスプレとか当たり前な国だったんです!!!
そう言えば、開演前のコールがないのも新鮮だったな…あとアンコールの時に「アンコール!」って言う現場はどこでも驚く。JUMP参戦した時も驚いたな…開演前のコールがないからこそ開演前諸注意の影アナをお楽しみ要素にできるのかもしれないな……

メンカラといえば、登場衣装がメンカラだったのがすっっごく新規には嬉しかった!!すっごく把握しやすい!!!前半がメンカラ衣装だったおかげで前半の時点で外見とパフォーマンスとメンカラが一致しました。
ていうか改めて色違いメンカラ衣装はアイドルの王道だな〜〜と思いました。お揃いもいいけど色違いもいいよね……


最初こそ9人(当日はにーちゃんさんがお休みで8人)いたら見分けなんてつかないかも…とか不安だったけど全然そんなことなかったわ。全然いけるわ。個性のかたまりすぎて見分けつかないわけなかったわ。

  • あおいさん

知念侑李に似てる似てる言われていざ見たら山田涼介だったよね
多方面から知念ちゃんに似てる似てる聞いてきたけど(私はお顔はJr.時代の生田斗真に似てると思う)、いざ生で見たらあーすごい!すごい!!山田だ!!!山田から俺様感ごっそり削り取ってあるけど、志気のとんでもない高さと赤着てセンター踏む漢気が山田だ…最年少だというのにあの周りをグッと背負い込んでやるっていうこの野心というか決意というか……すごく、主人公オーラを感じました。
でもやっぱり「知念ちゃんに似ている」という先入観を抱いて見たからこそ、あおいさんのダンスに衝撃を受けたのもまた事実で。私が今まで見てきた「ジャニーズダンス」とは根底から違う流派なのだと、私みたいな素人にもわかるほど、きっと基礎の動きのクセから違う。
あおいさんのダンスはとにかく俊敏で重力を感じられないし、とにかくムダがない。振りと振りをジャニーズ特有のクセで繋いでいるのをジャニーズダンスとすると、あおいさんにはそのクセが省かれていて、そこがムダのない印象に繋がっているし、激しいダンスでもまだ余裕がありそうに見えるというか、激しい振りすらも意識下に置き、理性的に処理しているかのように見える。私の中であまりに革命的で、ダンスの専門知識をもって分析できないことが今ほど悔しいことはない。

  • 白服さん

お前、さてはスターダストの人だな???
いやスターダストには詳しくないんですけど……
後半衣装のスカジャンにスキニーパンツがむちゃくちゃ似合っててハァ〜〜誰だこの衣装決めたの!?自薦か!?他薦か!?大正解だぞ!?!?と衝撃を受けました。これ自担事だったらスタイリストに金一封送りたいから口座番号教えろやゴルァとかそういう案件……
顔と眉が濃ゆいお顔立ちなのでぜひ黒髪を貫いて頂きたい…すごい羨ましいほど黒髪がセクシーで似合う人だと思いました。錦戸亮ちゃんみたいな。
あとスキニーパンツ履くとマジ股位置そこ!?!?ってくらいおみ足が長くて細い……とてもよろしい……

  • 気まぐれプリンスさん

圧 倒 的 ( 所 作 の ) 女 子 力
ダンスの所作ひとつひとつの女子力というか女子ドル力?がすごい……めせもあさんの振り自体、グループの経歴を辿れば当たり前だけどハロプロ系のダンスの振りの影響を強く感じる中で、ハロプロっぽさと私が認識している「青さ(がむしゃらさ)を残しつつもあざといセクシーなダンススキルを磨くことに余念がない」という特徴を、気まぐれプリンスさんから一番強く感じました。
ちなみにググるまで「Twitterでよく見かけるぷんた・ぷんちゃんって誰だよ!?」って混乱状態でしたが無事解決しました。

  • 野崎弁当さん

この人絶対かつて不思議なベルトの力で世界救ってるでしょ
いやむしろなんで変身経験ないの??あるでしょ??組織に箝口令敷かれてるとか記憶を消されてるとかそういうやつ??東映が来いよ???
ってくらいライダーを通ったオタクにビビッと来る雰囲気がありました。特撮の主人公はどこかで闇も持っていなければいけないと思ってます…。
最初の挨拶の時点で「あっこいつ…ヤベェな…」と初見の私をビビらせてくるような男前の影から滲み出てくる陰気…ヤベェ……すごいなんでこの感覚デジャヴなんだ!?!?と思ったらこれ安田顕パターンじゃねーか……!!なんなんだ!?北の大地は定期的に怪物を生み出さなきゃ気が済まないの!?!?生態を観察していたい。

  • 二番煎じさん

ハ……顔……ちっちゃすぎない…????
1曲目で顔を認識した瞬間顔が小さすぎて二度見した……は…いやどーなってんだ…??と理解が追いつかなくてつい凝視してしまったんだけどググったら身長188cmあった…バスケ選手か…???思わず連想したのが八頭身モナーだった……
ソロ曲がハートフルですごいよかったです…歌い終わった後の礼とかがすごく好印象ですごく…なぜか…清らかな気持ちになりました。すごい好青年だな〜〜と微笑ましく見てたらMCでのとみたけさんとの絡みで三度の飯よりシンメが大好きな私の心に火がつきました。ハハァ〜〜〜!!!いや〜〜〜!!!ハァ〜〜〜なるほど……なるほどね〜〜〜〜〜〜なるほどねぇ……………………

  • とみたけさん

ギャル男が来たかと思った……
来てなかった……!最初あっちょっと見た目こわいお兄さんだな…??と思ってたらMCでめちゃくちゃカワイイところ出ててアレ〜〜!?!?ってなった……初見で分かるがこれは沼。調べていくと精神年齢最年少とか出てくるからもっと知りたい。
カバーコーナーのパフォーマンスの圧巻さ(投票しました)からのMCでのいじられ具合でなるほど…普段抜けてるのにパフォーマンスで黙らせる人なのね……どこのグループにもいるのか……と思った次第。連想したのは安田章大くんとか娘。のまーちゃんさん。

  • フォーゲルさん

ナメてました
ぶっちゃけナメてかかってました。すごいダンスうまい…!!カバーコーナーであおいさんとシンメで踊っていたのが印象深く、この2人も全然ダンスの傾向違うな〜!と驚きました。あおいさんのスピード感溢れるダンスと比較すると、私はフォーゲルさんのダンスの方が安心感があるなぁと思いました。激しいながらも動作ひとつひとつは丁寧だなぁと。
プロフィール曰く甘党らしくてギャップがすごい……

  • ノックソさん

どこにいてもスイッチが切れない
グループのアイドルって、自分のパートじゃない時とか結構スイッチオフ、とまではいかなくてもちょっと気が抜けていたりするじゃないですか、もちろんその具合を確認するのもまたコンサートの楽しみだったりもするんですけと(コン円盤のマルチアングルの楽しみ方のひとつでもあると思う)、ノックソさんはその瞬間がなかなか見られないんですよね。それがすごいなって。常にすごく楽しそうに踊っていて、そこがとても魅力的でした。
あと言うまでもなくお顔が整っていて良いと思います。


私が行った公演はにーちゃんさんがお休みだったんですけども、後日YouTubeでラブチアのMVを見たら、イントロのにーちゃんさんのニコッていう笑顔がめちゃめちゃ眩しくてびっくりしました。これ漫画だったらパアァ…!って光が周りに飛び散ってるやつ!!いつか生で見てみたい。

あとMCでぜあらる。さんもお目にかかることができたのですが、これまたお話がお上手で…。前説芸人かと思ったら社長なんですよね……

初見で特に心惹かれたのはノックソさん、とみたけさん、二番煎じさん、野崎弁当さん。推しはまだ確定はしてないですけどこのまま行けばノックソさんかな?


めせもあ。さんはあくまで「アイドル気取り」というスタンスで活動されているんですけども、改めて「アイドルって何なんだろう?」と考えさせられました。
「アイドルとは何なのか」というのは、以前から私も追究していたテーマのひとつです。歌って踊ればアイドルなのか?では歌手やダンサー、役者とアイドルは何が違うのか?
歌って踊るのがアイドルであるとしても、実際アイドルは歌って踊るだけではなくて、演技もするしテレビやラジオのバラエティ番組に出たりもするし、逆にアイドルではない役者が歌ったり踊ったりもする。このカテゴリーの違いは何だ?

私には、めせもあ。さんはきちんとアイドルに見えました。ステージ上の彼らはとても眩しかったし、ライブに参加してとても楽しかったし、今その時のことを思い出して感想をまとめながら幸せな気持ちになっている。

既にさんざん当てこすられた考察かもしれないけど、めせもあ。さんはオタ集団だからこそオタ満足度が高いコンテンツを生み出せるんじゃないのかな、と私は期待しています。ライブが始まる直前に、友人に着陸!月面ZENBUのソロバージョンを聴かせてもらって、うわ〜うちのグループでもこういうの欲しかった!と羨ましく悔しく思いました。単推しの人も推しの歌声を存分に堪能できて、箱推しの人もそれぞれのメンバーの違いを比較できて、なによりコンプ欲を刺激してくる。すごく羨ましい!!
ジャニオタやってて事務所やレコード会社やコン事務局を罵りたくなったりぶん殴りたくなったりすることなんて本当に山ほどあるんですけど(もはや段々そのストレスすらもオタク活動の醍醐味のひとつみたいになってくる)、「事務所に自担を人質にとられている」という意識がない世界にはやはり憧れがあります(もちろんまだまだこちらを知って日が浅いことで、隣の芝が青く見えているのもあるかもしれませんが)。でもやっぱり見て胸がときめいて幸せな気持ちになれるのがアイドルだと思うので。

それでもこんなに「アイドル」を分かりきったアイドルが「アイドル気取り」なのか〜というのは、なかなか興味深いです。アイドルを分かりきっているので、一般的なアイドルにありがちな「アイドルとは何なんだろう?」という迷いによる迷走期がなさそうだなとも思いました。
あと自担が散々TVや巷で「ジャニーズぽくない」と言われているから余計にめせもあ。さんをギャー!アイドルー!って思ったのかもしれない…??


私の中のアイドル観を形成する、また新たな視点ができました。貴重な体験をありがとうございました。また行きたいな〜〜!!



Special Thanks:友人(いつきちゃん)