ThinkLog

僕達が出したセレクションは 曖昧なOver pains day

【ネタバレ】ベースボールファイターズを観た

ネタバレします。

面白かったです。
始まる前はあれこれと心配や不安(※後述)もあったんですけども、それでも5,000円と交通費出して夜勤明けの体を引きずって観に行く価値はあったと思います。

私が行ったのは6月29日3部。
キャストはほぼ知らないような状態で行きました。そこはあまり気にならなかったかな。この前MeseMoa.を知ったから、それをきっかけに色んな男の子を見れるならお得かな〜くらいの軽いモチベーションで。一応観劇前に把握してたキャストは、フォーゲルさんと野崎弁当さんと、あとなのっくす。さんをFINEBOYSのモデルで見たことあるくらいか。

お話が良かったんですよ。
ズルに対して正々堂々立ち向かうお話。そのズルもギャグ漫画ぽくて、いちいちハァー!?ってムカつくような。
諸悪の根源はもちろん風魔だけど、流星との幼なじみエピ聞いちゃったらただの可愛い子にしか見えない。ズルい。
というか風魔と流星が小学生時代からのライバル(風魔が一方的に勝負を挑んでいただけかもしれない)で、流星と友紀也にはそれぞれ小学生時代のあだ名がある、ってことはこの3人は幼なじみだったのか…?

イケメンバカことミヤビくんが入部したきっかけを語るシーンが意外と印象に残っている。ファン?を子猫ちゃんって呼ぶ人、手越祐也大泉洋しか見たことないよ…。

コメディ舞台にガチツッコミなんて無粋なのは承知だけど、敵キャッチャー星のキャラがとても気になったんですよ。引っかかるってことじゃなくて、もっと作中で描かれるべきだったんじゃないのかって。
まず、あの敵将風魔に従いつつも、グラサン御山みたいに積極的に媚び?てる感じでもないし。烏丸高校のバッテリーがすごく興味深い。もっと2人の関係が描かれて欲しかったです。
カプセルを開けてチームメイトが悶絶するシーンで、風魔と星だけ苦しんでないところがとても気になってる。予定調和とかガン無視して、え、仕込む側の風魔にとって星は他のチームメイトとは扱いが違うの…?とか、星、実は風魔を止めたかったんじゃないか?とか、いろいろ考えてしまう…てか星と風魔て星飛雄馬かよ。
少なくともズル作戦の要と言ってもいい、あの般若のプロテクターを身につける星は、作戦上風魔にとって重要なポジションだったのかな。それとも、星自体、風魔の特別な“バッテリー”だったのか。それとも、星の存在すらも“替えがいくらでもいる”存在なのか。ううん気になる。気になりすぎる。

役者の方々も、演技経験が浅い子もいるとのことで、確かに声の張り方が気になる感じの子もいたり。声量が足りなくて気になるというより、喉に負担かかってそうだなーっていう声の張り方で気になったり。
声量以外にも声の張り方の上手下手、あと通りやすい声質とかいろいろ要素はあるとは思いますけども、特に声質で得してるのかなって感じがしたのは友紀也と風魔。友紀也は野崎弁当さん、風魔はダブルキャストだけど私が行った回は東條鞘さん。野崎弁当さん、声色的にそんなに意識して張ってる感じはしないのにちゃんとスッと通ってるからこれは声質の問題なのかなって。
逆もあって、声質的に通りにくい人もいたり、ね。
声に関しては、ミヤビ役のなのっくす。さんがきちんと台詞が聞き取れるような声で良かった。役のキャラがキャラだからか、好印象でした。
聞き取りやすさでは、台詞で魅せる部分が多いお医者さんの台詞がもっとゆっくりだったらな…と感じました。所々、聞き取れなくもないけどちょっと走ってるな…というところもありました。あと、ゆっくり喋った方が圧倒的にエラそうな感じが増すのでより医者っぽくなりそう。

敵将役は演じるにはかなりエネルギー必要だろうなぁ。舞台に上がってる時間は主役の流星よりは少なくても、キャラクターを維持する上でのエネルギーというか…。あとエネルギーいりそうなのはよろず訛りの丈二。日本全国津々浦々の訛りを網羅してるのに名前はジョージかよ!?ってこっそり突っ込んでました。

友紀也が進学のために離れた野球に再び戻るシーン、学ランのズボンの両サイドが開いて早着替えできるようになっているのを見て、つい「これは…ジャニーズパンツ…!!」と反応してしまいました。あれの両脇がファスナーじゃなくて面ファスナーだとジャニーズパンツ。ジャニーズが特許取ってるらしい。
友紀也が学ランをキャストオフする時に「変身!!」と言っていたので、やっぱり野崎弁当さん変身する方の人間じゃないですか。

やはり2つの学校が戦う筋書きなので、審判いるけど空気なのかな…と思っていたらいやいや全然。序盤烏丸に甘い判定で何コイツ!と思ってたら、中盤櫻田に甘くなりだした途端烏丸に呼び出されてて、あぁ、審判もちゃんと人として描かれているんだ…と嬉しくなりました。
顧問の先生があまりにも先生すぎて、役者さんのTwitterに1993年生まれって書いてあって二度見しました…いや…えぇマジ…??あと星役の人も普段の写真と違いすぎてTwitter二度見しました。役者さんすごい…!!

流星、主人公なだけあって、確かに台詞だけじゃなくてそれ以外にも動きとかも多くて頑張ってるよなぁと見てました。終盤ずっとボール投げてるし。あと滑らかすぎる土下寝が面白かったです。謎筋力。
流星の野球に対する情熱で、なんとか頭数揃えてここまで来てるんだな〜と思いつつ、もう少し流星の熱血さが伝わるシーン、演出があった方がより満足度が高かったです。
全体の筋書きについて、やはり回想シーンが冗長すぎる感じを受けました。病院でのシーンとか。


面白かった舞台だったんですけども、暗転するまでのいろいろな心配とかが多かったので、トータルで「思ってたより面白いじゃん」という感想になってしまったのが何より残念でした。
Twitterでの制作発表からのチケット発売の早さ、チケット発売される直前にHPができたり、全キャストとキャスト以外の情報(脚本家や主催など)の発表が遅めだったり、公式Twitterの序盤の口調がアレだったり、ちょっと、香ばしいな、と感じる私がいました。公式Twitterの口調、つい某赤坂テレビのアイドルと芸人が戦うバラエティ特番のアカウントを勝手に思い出してウッとなったり…。
とにかく、チケットを予約する時の不安感が凄かった。キャストの名前しか出ていない以上、キャストの腕を信じてチケット取るしかないけど、正直言って作品の出来は役者5割スタッフ5割ですし。


まぁいいんですけどね!よくないけど!!
若干香ばしいからこそ足を運んだ部分もありますし。
ただ、面白いお話だったからこそ、マイナスイメージからのスタートで観始めてしまったことがもったいなかったです。
あとこれこそ本当にどうでもいいことかもだけど、客電消えて舞台が暗転しても喋り声が止まない客席を初めて体験した。あれ、ここ映画館だっけ……。

人生初のチェキ会に行ってきた話 #MeseMoa

MeseMoa.ファースト写真集発売イベントのツーショットチェキ会に行ってきました。


チェキ会や握手会といった、ライブではないいわばファンとアイドルのマンツーマン接触イベントに行くのが初めてだったので、とにかくめちゃめちゃ緊張しました。

普段アイドルを神的存在のように捉えているので、会いたい触れたい認知されたい、みたいな欲があまり湧かなくて、この世に存在してくれるだけでファンサだ(良ビジュだとなお良い)と思ってるので、いざツーショット撮れますよ!と言われると、たじろいでしまう。そもそも私がジャニオタメインに活動してるのも、接触できない→接触しなくていいから、という理由があります。自分の外見内面共に自信がないから、自担(推し)に美しくないものを見てほしくない…みたいなそういう自意識こじらせ系のアレです。


それでも今回足を運ぶにあたったのは、特典CD-ROMが欲しかった(これがメイン)のと、なんとなく、このままじゃいけないのかな〜という変化を望む気持ちと、せっかくのチャンスだから一度は経験してみるのも手かもしれない、という好奇心があったから。
先日のホールツアーに初参戦した時のブログ「アイドル気取り」からアイドルを学ぶ 〜 MeseMoa.を見てきました 〜 - ThinkLog をあおいさんに読んで頂けた(Twitterのリンクツイートをふぁぼっていらっしゃった)時に、ホールツアーに連れて行ってくれたいつきちゃんに「あおいさんにお礼言いなよ」ってそそのかされたアドバイスされたのもあったから、このタイミングを逃すと経験することもないかもしれないっていうことも考えていました。
いやマジで私的にはこれ清水の舞台ピョンするくらいの決意だよ!?!?



ということで無事遂行できたんですけども。



めちゃめちゃ距離が近かったです。
ブースに入って一目見た瞬間納得するあおいさんの可愛さ。あ、可愛いって表現して嫌じゃないかな、大丈夫かな、でもすごく可愛かった。すごく可愛くて、えっ私今からこの超可愛い子とツーショ撮るの…???公開処刑では…?????と恐怖に陥りました。

1分間の中でお写真撮ってお話をしたわけですけども、久々にすごく長く感じる1分間でした。英語の授業で1分間の自己紹介スピーチをしてください!はいどうぞ!って無茶振りされた時くらい体感が長かった。

とにかくブログを読んで頂けたことへの感謝は最低限伝えなければ…と思ってたけど、想像していたよりずっといろいろなことが聞けて楽しかったです。
お話するというよりインタビューするようなスタンスで臨んだ方が緊張しなかったかもしれない。


彼の考えるところが私の目の前でほんの少し垣間見えたような気がして、かっこいいな…と思わず心打たれました。すごいな、いや、このすごいなって感覚はまだちょっと私の中で言葉にできるほどはっきりしないけど、尊敬の念というか、もっと深く知りたくなったし、この人の未来を見てみたいとも思った。

緊張するだの死にそうだのなんやかんや言いながらも、やっぱり良い経験になったので楽しかったです。できあがったチェキは見るたび死にたくなるけど!
やっぱり私がブログを書くのは、宣伝したいからでも誰かに読んで欲しいからじゃなくて、今この瞬間の気持ちを忘れたくないからなのかな〜とも思った。もちろん拡散されて共感されたり興味を持ってもらったら嬉しいけど。
こういうレポエントリも、心が動かないと書けないから、そういうところが商業文字書きには向いてないかな…とも思う。
だから、こうやってブログに数千文字かけて長々と綴ってるのって、それほど私の中で衝撃的で印象的な出来事だからなのかも。

きっとまた伝えたいこと・聞きたいことがまとまったら腹を決めて会いに行くような気がします。軽率なオタクなので。
私も頑張ろう。

アイドルは実在しない

アイドルは実在しないと思っている。

物理的に、実体的には存在はしているが、世間が周知する通りの「アイドル」という人は実在しないのだと思う。
村上くんで例えるならば、村上信五という人間は実際に日本のどこかに籍や住民票がある(よね?)、れっきとした35年以上生きている人間として存在している。でも、私が日々崇め心の支えにしているアイドル村上信五は、私の目に映り私の思い描く村上くんは、実在する一人の人間村上信五さんと同一であるとは言えないと思っている。
この2つが乖離していることは至極当然だと思うし、その差が本人にとって苦痛でないならば、ある程度分かれているべきだとも思う。

前者をプライベート、後者をパブリックイメージ、と呼ぶとしても、本人がパブリック部分の一部として活用しない限り、本人(とその近しい人々)以外はプライベートを知り得ないし、知る必要もないと思う。タレントならば、プライベートは切り売った瞬間それはプライベートではなくなるとも思う。〇〇に行ってきました〜!と、後日テレビなどで報告したものとか。これは、プライベートの一部を、パブリックなキャラのエピソードの一つとして活用しているからである。

プライベートのキャラクターとパブリックのキャラクターが一致しなくても、全然良いと思う。本人がそのギャップで辛くなければ。そして、パブリックのキャラクターをきちんと商品化してくれるならば。

私はいちオタクいち消費者だから、その商品化されている部分のみ対価を払って受け取り、鑑賞し、堪能している。だから、私は商品のパッケージされている部分以外には意見する筋合いはないと認識しているし、アイドルには、商品としている部分はもっと磨き商品価値を上げてほしいと願っている。今後はさらに良いものになってほしいから、商品価値を下げるような真似は頼むからして欲しくない。

商品であるアイドルは、誰かしらの、まあ事務所であるとかレコード会社、コンサートならば演出や舞台装置、はたまたテレビや雑誌などのメディアや私達オタクなどの、膨大な数の人々の思惑や意図や夢や願望で男の子を着飾らせているからこそアイドルなのだし、その時点で、彼らはアイドルという商品を演じる役者である。
アイドルは一生本人が本人役を演じきるもののように見える。ドラマの本人役というのも、本人が本当に自由に喋っているものじゃなくて、「本人が素のままに喋っているように見える」台本だし。

彼らはアイドルだから、オタクである私は何かしらのバイアス(トーク台本だとか、トーク部分の映像編集だとか、インタビューの編集、フォトショップ修正だとか)のかかったメディア越しに彼らを見るしかなく、見えたものもレンズ越しの虚像かもしれない。
それなら、最初から私が夢見て追っているアイドルは虚像であると考えた方がよっぽど気が楽だ。姿形を演じる実体の役者はいるけど、私が思い描くままのキャラクターのアイドルはメディアの中にしか存在しないし、下手すると私の中にしか存在しないのかもしれない。